職業相談が肩身狭いなら、別のハロワに行ってみるといい

失業手当を受給している方は、4週間に2回の求職活動が必要です。

ただし、現在はコロナの影響で、私の住んでいるところでは、アンケートを書けば、活動と見做されることになりました。

みなさんは、この月2回の活動実績をどうされていますか?

もちろん、積極的に求人に応募しまくっていれば何ら問題はありません。

ただ、そうでない方、例えば、就職するつもりだけど、なかなかテンションが上がらないとか、方向性で迷っているとか。
切羽詰まっていない方の中には、そういう方はそこそこいらっしゃるのではないかと思います。

その場合は、ハローワークで係の人に職業相談をするか、指定を受けているセミナーの受講をするか、資格試験を受験するなどの活動が必要となります。

しかし、セミナーはコロナの影響で一切行われていません。

そうなると、職業相談という事になるのですが、積極的に求職していない者にとっては、面接は肩身が狭いのです。
しかも、面接の相手をしてくださるのが、毎回同じ方だったりすると、全然進捗がなくて、ばつが悪い。

それで、先日は、別のハローワークに行ってみました。

結論から言うと、これはちょっと新鮮で良かったです。

やはり、お話しする相手が変わると、考え方やノウハウも違いますから、新たな気づきが得られます。

『活動実績稼ぎたいだけなので、ハンコだけ押してください』

本当はそう言うべきというか、そう言えるといいのでしょうし、そうすれば係の方の時間を無駄にすることもないのですが、それがありなのかどうか、分からないのです。

なので、後ろめたさを紛らわせるように、少しでも役に立つ情報を引き出すように、質問したりしているのです。

ちょっと恥ずかしい。

いっそ何かの資格を受けてみようかとも思いましたが、すぐに萎えてしまいました。

という事で、

職業相談が肩身狭いなら、別のハロワに行ってみる。

というのがおすすめです。

認定日は後2回。失業手当が頂けるのも、残り少なくなってきましたので、そろそろ真剣に考えないといけません。

さて、どうなることやら。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL