確定申告

漸く確定申告書の作成が終わりました。

確定申告のデビューは昨年。株の損失の繰り越しをしたのが始まりでした。

特定口座にはしているのですが、2つの証券会社に口座を持っておりまして、トータルでマイナスでも、片方がプラスで税金を取られていたのです。それの回収もありますけれども、株の損失は申告すると繰り越すことができて、損失の繰り越しがあるとその年に儲けが出ても相殺することができます。

悲しいことに、アベノミクスもどこ吹く風で、毎年毎年損を重ねていましたから、数年遡ってたっぷりマイナスを繰り越しまして、去年は稼ぐ気満々だったのですが、やっぱり去年もマイナスでした。さすがに去年は儲けた方が多かったでしょうに、向いていないのか・・・。

ちなみにこういうことを書くと、株で生活しているみたいに思われるかもしれませんが、額がぜんぜんしょぼいです。25年くらい株をやっていますが、25年かけて、3ナンバーの乗用車が、軽自動車くらいになりました。これも勉強です。

それで、今年は退職したので年末調整がありませんから、損失の繰り越し以外にも、その他もろもろの申告をします。

退職後に払った国民年金と健康保険料。それに生命保険料控除。

そして、昨年は仮想通貨にも手を出したのでした。初めの内こそ調子よかったものの、通貨を乗り換えているうちに結局半値に。といっても、core i7 のパソコンが、core i3 のパソコンになったくらいの規模感ですけど。

半値になったのだから、申告はいいだろうと思っていたのですが、時価では半値でも、それは含み損であって、昨年売った損益としてはプラスになっておりました。(1万円くらいですけど。)

半値になってるのに、この一万円に対して税金払うのはあまりにも悔しいし、無視して何かあると嫌なので、じゅうぶん赤字になっているアフィリエイトも申告することにしました。

仮想通貨は「雑所得」なので、株の損失とは「損益通算」できませんし、翌年に「損失繰越」もできません。一方、アフィリエイト収入も「雑所得」なので、これと合算することはできそうです。( たぶん )

アフィリエイトですが、趣味のウェブサイト用に、レンタルサーバーを借りています。これが年5,000円くらい。

さらに、独自ドメイン代と有料ブログの料金などを合わせると、経費は年16,000円あまり。悲しいことに、AdSenseやらAmazonアソシエイトやらの収入が、3,000円足らずなので、仮想通貨の収入を合わせてマイナスになりました。

Amazonは37円だったのであまりに悲しくて記載しませんでしたがこれは脱税でしょうか・・・。いやいや37円足してもマイナスであることには変わりないので大丈夫かなと勝手に思っています。

という事で、結局なんだかんだで3日間、計10時間くらい掛ったように思います。

国税庁の「確定申告書等作成コーナー」で申告書自体は簡単に作れますが、仮想通貨の損益の計算もありますけど、そもそも仮想通貨は「雑所得」だとか、「雑所得」は株の損と通算できないとか、そういうところに辿り着くのに時間が掛ってしまいました。

来年はどんな確定申告になるのだろう・・・。さて、どうなることやら。

以下は来年のためのメモです。

  1. 仮想通貨は雑所得
  2. 趣味レベルのアフィリエイトも雑所得(ガチなら別)
  3. 雑所得は他の所得と損益通算できない
  4. 雑所得は損失繰越できない

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL